• 川本航平

KITENイノベーション大学①IT・ソフトウェア




こんにちは。



キテンの川本です!





今回は、先日お会いした、


株式会社FULLの木村社長

株式会社ガルルソフトウェア研究所

富野所長



との対談について執筆したいと思います!







(写真左: 株式会社FULL木村社長)

(写真右: 株式会社ガルルソフトウェア富野所長)






本記事では、


1. 「経営すること」とは

2. 成果を出すために必要なこと

3.「信頼できる人」を見つける



の3点について、お聞きしたことを順に執筆していきます。






1.「経営すること」とは






私はまず、


木村社長と富野所長に、




「会社を経営すること」



についてお聞きしました。





木村社長「『綱渡りの連続』ですね。

でもそれが楽しかったりします。

いつ落っこちてもおかしくない綱渡りを永遠としている感じです。

会社に置き換えていえば、明日、明後日、いつ倒産するかわからないという状況の中、経営をしていますね。

だけど、それは単に経営状況が厳しいということを意味するのではなく、いつどんな問題が起こっても、対処できる力が備わっていて、いつでも乗り越えられる状況を作っておくということを意味しています。」






富野所長「経営って、仕事がないと成り立たないんですよね(笑)

つまり、常に会社に仕事がある状態じゃないと、うまく会社を維持できないということ。

ここが、経営者の腕の見せどころだと思いますね。

これは、経営者に限らず、ビジネスマンにも言えることですが、


『仕事を取ってくる、仕事を作り出す能力』


というのは、どこに行っても重宝されます。

もちろん、経営者にあれば良いのは当然のこと、会社の社員として働く人たちにも求められる能力だと思っています。


〈仕事のできる人〉は、スピード感をもって、正確に仕事をやり遂げるだけでなく、ここの能力も備わっていますね。」





川本「深いですね...自分も経営者という立場に興味がありますが、

『明日、倒産してしまうかもしれない』

というメンタリティで日々仕事をするという覚悟は、足りなかったかもしれません...


それに、

『仕事をとってくる、仕事を作り出す』能力

というのも、お聞きすれば確かに大切だと思いましたが、凄く重要かつ難しいことですね。


これからの自分に言い聞かせます!」










2.成果を出すために必要なこと






川本「次に、成果を出すために必要なことについて教えてください。」






木村社長「【ヒアリング×気の回し×理解力】

だと思いますね。

これは成果を出すために必要不可欠だと思います。

特に営業という職種になれば、これらの能力が全て備わっていないと、成果は出せないと思います。


営業だけでなく、どの職種でもこの3つの要素は重要だと思いますが、特に、『気の回し』の部分に関しては、その人の人間性が表れると思っていますね。


仕事をする上で『信頼』というのが必要不可欠なのですが、それは『気の回し』であったり、『努力、継続する力』が大きく関わるんです。


でもこれは、学力で精査されるものではないので、個人の努力で大きく変わります。


なので、これから社会に出る学生さんたちに伝えたいことは、成果を出すために必要なのは、社会人になって身につく知識やスキルに加え、『人間力』だということですね。


これは能力の有無は関係ないですから、いかに自分のしている仕事に親身に向き合うかだと思っています。」








富野所長「私が思う成果を出す方法としては、『成功者のマネをする』

ことだと思っています。

それは、何もかも真似して、自分のオリジナリティのかけらもない状態を指すのではありません(笑)


『盗めるとこは盗め』


ということなんです。


成功者というのは、社長さんであったり、入った企業先の位の高い先輩社員などを指します。



その人に食らいついて付いて行ったり、自分にない部分をたくさん吸収して『自分のものにしてしまうこと』が大切ですね。



その積み重ねが、成果を出す近道だと思います。



木村さんが言ってたこともごもっともなんですが、それら3つの能力は、成功者の方なら身につけている能力なので、安心して付いていけばいいと思いますね(笑)




あとは、『吸収力』を高めること。



これが人間として大きくアドバンテージをとる能力となります。



先輩後輩関係なく、誰からでも情報を得て、全て自分にインプットして、いい部分を搾取するという行いは、強いです。





自分の周りの社長さんもそんな方が多いですね。」








川本「ありがとうございます!お二方には、非常に大切な要素をお教えいただきました!


共通して、能力というより『人間としての力量』を高めることが、成果につながるというアドバイスだったと感じております。


いくら知識や能力があっても、人間力がなければ、成果は出せないという教訓を今日から心に秘めておきます!」












3.「信頼できる人」を見つける







川本「最後に、色んな方とお会いする上で大切なことを教えてください。」










木村社長「信頼できる人についていくことだと思います。先ほど、お伝えにしましたが、

『人間力があり、努力、継続する力のある人』が仕事をする上で信頼できる人だとお伝えしました。


そういった人を自分の主観でいいので、見つけて、ついていくこと、それが仕事をする上で、上達し、うまく成果を出していけるメソッドですね。


新卒入社した会社や取引先の『出会う人』で、自分の人生が大きく左右するということがあります。



キッカケをくれる人や、モチベーションを上げる爆薬になってくれる人、



その逆の人もいますが、

見極めて、慕って付いていきたいと思える人がいれば、積極的に学んだ方が良いですね。



もちろん正確に付いていく人を精査できなくていいんです。それも経験していけば分かってきます。


これから社会に出る学生さんは特に、

『追いつけない...』と思う人を1人見つけて付いていけば、客観的に見て確実な成長を遂げられると思うので、是非参考にしてください」






富野所長「これから社会に出たり、経営者になる人全般に言えることですが、

『信頼できる人』

を判別できる能力を備える必要があると思います。


世の中には、詐欺まがいの企業が蔓延していますし、悪い人ほど、『悪さ』を表に出さずに接してきます。


それらは、経験の積み重ねで精査できるようになると思いますが、


尊敬、信頼できる人に意見をもらうのも手ですね。




自分で一から経験するよりも、自分より先の人生を生きている先輩に聞くほうが、早く情報を入手できますよね。




『この人なら信頼できる』

『追いつかない、食らいついてやる』



という人が自分の中で見つかれば、素直にその方についていって良いかと思います。」








川本「ありがとうございました!!

これから社会に出るにあたって、『ヒトを見極める』ということの大切さを教わりました!


よく友達には、だまされやすいよね、と言われるので、人一倍気をつけたいと思います(笑)



本日は貴重なお時間をありがとうございました!」









初回投稿、いかがでしたでしょうか?



今後とも投稿していき、皆さんに共有したいと思ったものは随時更新していきますので、



今後ともキテンをよろしくお願いします!
















© Copyrights KITEN Ltd.all rights reserved.

〒604-8187京都府京都市中京区御池通東洞院東入笹屋町436 永和御池ビル606号

  • Facebook Basic Black
  • Twitter Basic Black
  • Instagram Basic Black